tomato365*子育て雑記*

夫婦と2歳の娘のキラキラしていない日常や育児に関する雑記です。

【初心者のハンドメイド】くるみボタンでマグネット作り~バザーにもおすすめ♪~

お盆休みも後半戦。台風の接近にともなって風雨が強くなってきたので、向こう3日分の食料を買い込み、庭やベランダの風対策をして、家族3人で自宅に引きこもっています。

夫が娘の相手をしてくれていて余裕ができたので、材料を揃えておきながらなかなか手をつけることができずにいたくるみボタンのマグネットを作ってみることにしました。

f:id:tomato_365:20190814152839j:image

マグネットくるみボタンを作るための材料はこちら

f:id:tomato_365:20190814152854j:image

・くるみボタンパーツ(表パーツと裏パーツ)

・くるみボタン打ち具

・アクリルテンプレート

・マグネット

・マグネットを貼り付けるためのグルードット

・好きな柄の布地

 

くるみボタンのパーツやキットは100円ショップでも揃います。実際に購入して作ってみたところ作りやすさも問題なかったです。ただ、裏側に『足』が付いていない物を見つけることができませんでした。『足』はペンチで引っこ抜くこともできるのですが、その手間を考えるとマグネットを作りたい場合は最初から『足無し』のくるみボタンパーツを買うことをおすすめします。

↑ クリックすると商品詳細が開きます ↑

このセットひとつでパーツが揃って簡単につくれました。

 

アンパンマンとすみっコぐらしの生地は、手芸屋さんで端材が安く売られていたので、いつか使おうと思って買ってあったものです。ようやく使える日が来ました♪何かに使えるかな~と思いながら端材を買っておくのって楽しいですよね。

 

作り方はかんたん♪

f:id:tomato_365:20190814152824j:image

まずはテンプレートを使ってボタンにしたいデザインを切り出します。

↑ クリックすると商品詳細が開きます ↑

この透明のアクリルテンプレートが大活躍でした。透明なので柄の出方の微調整がとてもやりやすかったです。

f:id:tomato_365:20190814152921j:image


f:id:tomato_365:20190814153117j:image

打ち具の半透明パーツに生地を乗せ、くるみボタンの表パーツで押し込み
f:id:tomato_365:20190814152937j:image

余っている生地を折り込んでバックパーツを乗せて押し込んだらくるみボタンのできあがりです。

f:id:tomato_365:20190814183719j:image
くるみボタンの裏側にグルードットを貼り付け、そこにマグネットを貼り付けたら完成です。


f:id:tomato_365:20190814152951j:image

f:id:tomato_365:20190814153003j:image

100円ショップで買ってきたホワイトボードとともに娘にプレゼントしたらとても喜んで遊んでくれています。(ちょっと使い方が私の想像とは違ったんですけど…)

 

幼稚園などのバザーにもおすすめです

不器用だからハンドメイド品の出品が憂うつ…という方にも、くるみボタンマグネットがおすすめですよ。
f:id:tomato_365:20190814203215j:image

可愛い柄の生地から好みのデザイン部分を切り抜いてくるみボタンマグネットを作って

f:id:tomato_365:20190814203228j:image

可愛いデザインのメッセージカード(100円ショップで購入)にマスキングテープで貼り付けてOPP袋に入れればそれなりの商品に見えちゃいます!本当に簡単に作れるので量産も可能です。

 

生地のどの部分を切り出すかを考えるのも楽しいし、できあがりもかわいいので、たくさん作って飾っておくのもいいですね。私ももう少し作ってみようと思います。

 

さいごまでお読みくださりありがとうございます。