tomato365の雑記帳

4歳児育児中「これよかったよ」を共有したい、そんなブログです

2L判などサイズの大きい集合写真とL判写真を一緒に整理できるアルバム



スポンサーリンク

娘の通う幼稚園では各学期ごとに写真の展示販売が行われます。貼り出された写真の番号を注文票に書いて提出し、後日プリントされた写真を受け取る…という昔ながらの方法です。

 

普段見ることのできない園生活を見られるのが嬉しくてついつい買いすぎちゃう

 

ついつい多くなってしまう子供の写真、少しでも簡単に見やすく整理したいですよね。今回はわが家で写真収納に使用しているアルバムについてのお話です。

 

サイズの異なる写真を一緒に整理できるアルバム

簡単に整理したいけど、幼稚園や保育園・学校から販売される写真のサイズはL判や・2L判などサイズがバラバラ…。通常のポケットアルバムだとスナップ写真と大きい集合写真を時系列で収納するのは難しいし、フリーアルバムならレイアウトは自由だけどセンスと技術が問われて手間がかかりそう。

そこでわが家が写真収納に使っているのがこちらのアルバムです。

f:id:tomato_365:20210206234657j:plain

表紙のカラーは白・黒・青の3色あって、プラスチックのケース付きです。

f:id:tomato_365:20210206234649j:plain 

30穴バインダー式のアルバムでとっても使い勝手がいいんですよ。

このアルバムのおすすめポイント

1.L判・2L判・四切の替台紙がある

f:id:tomato_365:20210206234643j:plain

このアルバムには、EL判・2L判・四切の三種類の替台紙が用意されているため、スナップ写真や集合写真、写真館で撮った大きめの写真まですべて一冊のアルバムに収納することができます。

バインダー式のアルバムの最大の利点で、それぞれの台紙を好きな順番で綴じることができるため、L判のスナップ写真と2L判の集合写真を時系列に並べる事が可能になるんです!

行事ごとにスナップ写真と集合写真をまとめて収納できると、後で見返す時にとっても見やすいですよ。これがこのアルバムの最大のおすすめポイントです!!

見開きでL判12枚の写真が一覧できる

一般的なポケット式アルバムだと1頁に3枚・見開きで6枚というのが主流かなと思うのですが、こちらの台紙はL判であれば1頁に6枚・見開きで12枚収納可能です。アルバムを開いた時に飛び込んでくる情報量が多くて、見ていて楽しいですよ。

バインダー式なので180度見開きでき、写真を見るときにページが閉じてくることなくとても扱いやすいのもありがたいポイントです。

 

30穴のポケットリフィルも綴じられる

30穴ファイルなので、一般的に売られている30穴のポケットリフィルやルーズリーフなどを何でも一緒に収納する事ができます。

私は日頃から幼稚園関係の書類はすべてポケットリフィルに入れてファイリングしているので、たとえば「幼稚園だより」をそのままアルバムに移し替えればこんな行事があったなぁと後から見返したりできますし、子どもが描いた絵や、お友達とのお手紙交換の手紙なども一緒に収納しておけばとってもいい思い出になりそうです。小中学生だったら成績表も一緒に保管してみたりもいいかもしれませんね。

 

CDポケットなどを差し込めば、行事の時に撮影した動画のDVDやBlu-rayなども一緒に収納する事ができて便利ですね。

 

その他のポイント

少しイレギュラーな使い方ですが、この台紙の写真ポケットは上から差し込むタイプなので、少しポケットからはみ出しはしますが縦向きの写真を縦向きに収納することも可能です。

 

メーカーのサイトによると、1ファイルにつき替台紙は20枚くらい収納できるそうなので、L判で最大240枚の写真を収納する事ができるようです。

 

さいごに

とにかく大量になりがちな子供の写真。少しでも簡単に、少しでも見やすく管理できるように私も試行錯誤中です。将来子供と楽しく見られるアルバム作りをしていきたいと思っています。

 

データ保管もいいけど、やっぱり写真はプリントしてナンボ!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。