tomato365*子育て雑記*

夫婦と2歳の娘のキラキラしていない日常や育児に関する雑記です。

【初心者のハンドメイド】フェルトで作るお弁当(おにぎり・玉子焼き・ウィンナー・ブロッコリー)

フェルトのドーナツ作りが一段落したので、今度はお弁当づくりに挑戦してみました。お弁当と言えばおにぎりと玉子焼きと赤いウィンナー!彩りでブロッコリーも添えてみました。ドーナツに引き続き、材料はすべてDAISOで揃えられますし、ハンドメイド素人の私でもなんとか形になるものが作れました。縫い目や切り口がガタガタなのはご愛嬌です♪

f:id:tomato_365:20190603003425j:image

ウィンナーの切れ込み部分を繊細にカットできるようなハサミを持っていなかったので、大味な仕上がりですが、それも手作りの味だと自分に言い聞かせます。

 

ドーナツ作りの記事はこちら

www.tomato-365.com



材料(全てDAISOで買えました)

f:id:tomato_365:20190603144733j:image

・フェルト(白・黒・赤・ピンク・緑・黄)

・フェルトと同色の縫い糸

・お弁当箱(今回はプチトマトの空き容器を再利用)

 

あると便利な道具(無くてもなんとかなる)

・先の細いハサミ

・まち針

・色の消えるチャコペン

 

【おにぎり】
f:id:tomato_365:20190603124353j:image

おにぎりは三角に切った白いフェルト2枚を、かがり縫いかブランケットステッチでつなぎ合わせました。そこに綿をつめてのりに見立てた黒いフェルトをまつり縫いして完成です。

 

ブロッコリー

f:id:tomato_365:20190603123138j:imagef:id:tomato_365:20190603124725j:image

緑のフェルトを半分に折り、輪の方から半分くらいの所まで切り込みを入れ、端からくるくると巻き、まつり縫いします。崩れてこないように向こう側まで貫通させて何ヵ所か縫い止めてあります。

 

【ウィンナー】
f:id:tomato_365:20190603123156j:image

ウインナーの切り込み部分には裏からピンクのフェルトを当てて縫い付けました。筒状に縫い合わせ、綿を入れて、端をぐし縫いして絞って完成です。

先の細いハサミがあれば、ウインナーの切れ目をもう少し細かくできるのですが、わが家のハサミではこれが限界でした。

 

【玉子焼き】

f:id:tomato_365:20190603123207j:image

黄色と白の帯状に切ったフェルトを巻いて端をまつり縫いするだけです。ブロッコリー同様、崩れてこないように数ヶ所 向こう側まで貫通させて縫い止めてあります。

 

これを全てプチトマトの空き容器に入れたらお弁当の完成です。
f:id:tomato_365:20190603144036j:image

娘がトマト大好きさんで365日トマトを欠かさないわが家(だから、私のハンドルネームはtomato365です 笑)なので、常にプチトマトの空き容器は転がっています。今回はそれを活用するため、15cm×10cmの容器に合うサイズでお弁当の中身を作りました。たとえば玉子焼きは長さ20cm幅2cmのフェルトを丸めて作ると、だいたい3.5cmくらいの玉子焼きに仕上がります。

 

娘が起きている時は作業ができないので、夜寝かしつけたあと、ハードディスクに録画してあるドラマを消化しながらチクチクと作ります。こんなことしていないで自分も早く寝ればいいのに…と思わなくもないのですが、1日のうちに数十分でも家事・育児以外の自分ひとりで黙々と何かをする時間って欲しいし、そういう時間も大切ですよね。

完成した物を食卓の上に置いておくと朝起きた娘がさっそく見つけて『これちゅくったのー?しゅごいねー』と喜んでくれるのが幸せです。『うわー、ぶおっこりー(ブロッコリー)だ!うわー、ウインナーだ!』とリアクションしてくれて嬉しかったな~。

 

 

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。